« 亘理の郷土料理 はらこめし | トップページ | とりそば 山下食堂さん »

谷内名物 肉そば 一寸亭本店さん

Pa120039

山形県の蕎麦店さんを歩いていると、「もり天」の他にもう1つ良く見かけるのが、「肉そば」の文字。

お店の看板や、幟にも「冷たい肉そば」の文字が目立ちます。

「肉そば」とは、鶏肉が具材として乗っているだけではなく、鶏だしをベースにした汁の蕎麦のこと。

温かい「肉そば」もあるのですが、ここはもちろん冷たい「肉そば」をいただきました。

地元のお客さんは、真冬でも冷たい「肉そば」をたべるそう

場所は肉そば発祥の地、「河北町」にある老舗そば店 「一寸亭本店」さん。

創業100年になる一寸亭本店の3代目ご主人に教えていただきました。

肉そばの始まりは、当時、常連客が酒の肴に好んでいたものが「馬刺し」。

河北町より少し北上したところにある「新庄」が、馬刺しをよく食べる土地。

ここ河北町でも好まれたのでしょうね。

酒を飲んだ後の〆に蕎麦を食べていた常連客は、そのうち蕎麦の上に馬刺しを乗せ、ぶっかけそば風に汁をかけて食べるようになったそう。

それをきっかけに、改良を重ねて、今の鶏肉を使った「肉そば」が、出来上がったそうです。

話を伺っていると、「肉そば」が運ばれてきました

関西の「うどん」のように、色の薄い汁を、ひと口すすります

「ほーーーーーっ

「肉そば」は蕎麦だけど、「蕎麦の汁」と思っていたら、良い意味で裏切られます。

強烈にパンチが効いた鶏の旨み。

冷たい「肉そば」というだけに、汁は「ひんやり」しています。

そう、かけそばの冷たいバージョンと言ったらイメージ出来るでしょうか。

しかし、これだけ鶏の旨みを効かせると、旨みイコール鶏の脂。

つまり、温かいうちは良いけれど、冷えると白く固まった脂がしつこいはずなのに、一寸亭本店さんの「肉そば」は、それがない

さすが老舗の人気蕎麦店です

これは早速、勉強の意味も込めて、家の者にも食べさせようと、北海道へ送っていただくことにしました。

これだから、「食」って面白いんですよね~

「食べ歩き」やめられません

一寸亭本店さんでは、全国へ地方発送していただけるので、お気軽にご連絡ください

Pa120040

「肉そば」の汁は、1本 ¥1000円。

送料の関係もあるので、料金を電話でお問い合わせください。

お勧めですよ~

Pa120041

そば処 一寸亭本店

山形県西村山郡河北町谷内処岡2-11-2

0237-72-3733

営業時間  11:00~15:00  17:00~19:00

        土日 11:00~19:00(売り切れ御免)

定休日   水曜日

|

« 亘理の郷土料理 はらこめし | トップページ | とりそば 山下食堂さん »

★そば・うどん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 谷内名物 肉そば 一寸亭本店さん:

« 亘理の郷土料理 はらこめし | トップページ | とりそば 山下食堂さん »