« 帆立カレー南そば 鶴乃庵さん | トップページ | 飛露喜 特別純米かすみざけ »

あっさり昔風正油ラーメン 朱雀さん

P1220001a

オープンしてまだ間もない、一軒のラーメン店が、ただ今静かな人気を集めています。

お店の名前は、「麺屋 朱雀(すざく)」さん。

若いご夫婦が営むお店で、店内は真新しくスッキリした印象。

暖簾をくぐると、「いらっしゃいませ~」と笑顔で迎えてくれる奥さんと、職人肌のご主人。

「お決まりですか」と声をかけられ、迷わず「あっさり昔風正油ラーメン」を注文。

P1220004a

実はこの「あっさり昔風正油ラーメン」は、弊社の「ほっき節しょうゆ」http://www.hokkibusi.comを使用した朱雀さんオリジナル正油ラーメン。

これがとてもふくよかな味わい。

例えるなら、子供の頃に遊んだシャボン玉。

大きく膨らんだシャボン玉は、今にも割れそう・・・

風に吹かれて空を漂い、消えてなくなりそうで、なくならない・・・

そんな淡く膨らみのあるコクと甘味。

ホッキだけではなく、鰹節類のお出汁がバランスよく調和されたスープ。

食べていてまったく飽きがきません。

P1220002a

麺は太すぎず細すぎず、かかるウェーブもそれほどキツくない素直な麺。

そしてチャーシューは軽く炙って焼きめが付いた、トロリッとしたチャーシュー。

スープ 麺 麺、スープ麺 麺、チャーシュー・・・

代わる代わる食していると、あっという間にどんぶりの底が見えてきました^^

朱雀さんのラーメンの種類は、「味噌」、「正油」、「塩」、「あっさり昔風正油ラーメン」の4種類のみ。

この潔さが、ご主人の拘り。

「まだまだです」と謙虚に話すご主人は、札幌の有名店2軒で5年ほど修行された方。

どちらのお店もラーメンフリークならば知らない人はいないほど有名で、「ここに居た」といえばそれだけでお客さんを集めることができるのに・・・

「まだまだですから」。

この言葉の裏に、ご主人の将来を見据えた目標と自信を感じます。

店内はカウンター席7席、小上がり席1つ、テーブル席1つの小じんまりとしたお店。

店舗横に駐車場完備。

場所は苫小牧のバイパス通りで、金太郎の池入り口の交差点付近。

ご主人渾身のラーメンを食べてみませんか。

P1220003a

○お品書き○

味噌 730円、正油 730円、塩 700円、あっさり昔風正油ラーメン 680円、大盛り 100円増し、チャーシュー 200円増し、半熟玉子 100円、チャーハン 600円、小ライス 100円ほか。

P1220007a

麺屋 朱雀

北海道苫小牧市春日町3丁目16-23

営業時間  11:00~15:30、17:00~20:00

定休日   毎週月曜日(祝日の場合は翌日)

|

« 帆立カレー南そば 鶴乃庵さん | トップページ | 飛露喜 特別純米かすみざけ »

★ラーメン」カテゴリの記事