« 本日より営業開始です ~ 鰹節ショップ永見(ながみ) | トップページ | 飛露喜 純米吟醸 雄町 ~ 廣木酒造本店さん »

福島県宮古の秘境そば

お話は少し遡って、元旦のこと。

小用を済ませて自宅へ戻ると、クロネコヤマトさんの不在者通知が、郵便受けに入っていました。

さっそくドライバーさんに連絡をし、届けていただいた品は「生そば」。

P1040001b

福島県にある、新潟県との県境にある山奥の町「宮古」のお蕎麦屋さんから、美味しそうな蕎麦が^^

すぐにお礼の電話をしてみると、娘さんがお母さんに取り次いでくださいました。

「本当は暮れの31日に届けたったんだけど、大雪で宅配屋さん来れなかったの」と、お母さん。

こちら北海道でも、テレビのニュースで報道されていました。

12月25日の夜、雪でスリップしたトレーラーが、国道を塞いでしまい立ち往生。

車300台が大雪のなか一晩を越し、陸上自衛隊が救助した、あのドカ雪。

現場の会津板下~西会津は、山都町宮古の麓。

宮古は、まさに陸の孤島。

大変でしたねと言うと、「雪は慣れてるから、なんでもね~」と、お母さん。

「あんた、秋に来なかったな」

「今年は来んのか?」と、相変わらず早口のお母さん。

電話の声だけで、お元気なのは伝わります。

P1040003b

丁重にお礼を言って受話器を置き、お母さんが打った蕎麦をいただくことに。

宮古と言ったら、「水そば」が名物。

宮古の湧水ではないものの、冷蔵庫にあったミネラルウォーターで、「水そば」にしてみました。

ん~ 思い出すな~ 宮古。

続いて、お皿に蕎麦を盛り、かるく塩をふって「塩そば」

これも宮古の名物。

宮古の蕎麦は、どうしてこんなに腰が強いのでしょう・・・

「プリップリ」の心地よい食感で、喉を落ちる際の感触が絶品。

使用する蕎麦は、全て自家栽培・自家製粉、そして純手打ち。

遠く離れた北海道にいても、舌の記憶は宮古へトリップ。

「美味しいな~」

お母さん、ありがとうございましたm(_ _)m

P1040004b

こちらはサブサイトです。

本サイト「美味しく楽しく北海道plus」はこちら。

http://sobatokatuobushi.com

|

« 本日より営業開始です ~ 鰹節ショップ永見(ながみ) | トップページ | 飛露喜 純米吟醸 雄町 ~ 廣木酒造本店さん »

★そば・うどん」カテゴリの記事