« ひやあつ ~ あたりやさん | トップページ | 生しょうゆうどん ~ 本格手打ちうどん おか泉さん »

釜玉うどん ~ なかむらさん

映画「UDON」で、すっかり有名になった飯野山がキレイにみえるここは、これまた「UDON」に、お店が登場した、「なかむら」さんの土手上駐車場。

P4100114b

AM8:00。

警備服を着たおじさんが、警備棒をもって立っています。

ん?

ここはイオンか??

「はいっ 下に降りて~」と誘導され、土手を下りた先には、目指すうどん店「なかむら」さんが。

「ここね~」、もう一人の警備さんが車を誘導してくれます。

それだけで、もうここがどれだけ人気なのかが分かります。

私の先には二人組の先客が。

追って滋賀県ナンバーの車がやってきました。

早速並ばなくては・・・

P4100041b

滋賀県ナンバーのお客さんは、4人組の若い女性客。

先の2人と合わせて、私は6番目となりました。

それにしてもこの女性客、とにかくよく喋る(笑)

開店待ちしている間、2人づつで散歩がてら情報を仕入れてきてくれます。

情報源は、交通整理のおじさん。

「あたしら早く着いて良かったみたいで」

「この店、開店から1時間くらいで、はいっ ここまでって、締め切るんだって」

「どんなに並んでても、うどんの数、決まってるらしいで」

「それ、誰に聞いたん?」

「交通整理のおっちゃん」

なるほど、私も運が良かったようです。

彼女たちの話は、まだ続きます。

「それにしても、こんなに人来たら、車置くとこないやん」

「せやから、さっきの信号あったとこまで、ズラ~っと並ぶんだって」

「それも、さっきのおっちゃんに聞いたん?」

「そう」

「丁度自販機でジュース買ったとこに話し掛けもんやから、おっちゃんジュースお尻のポケットに入れたまま話とったん」

「きっと、温くなってるね」

「悪いことしたな~ 飲みごろ逃しちゃった」

「ええやん、若い女の子と話できて、嬉かったはずやん」

・・・

最近の女の子は恐ろしい・・・

P4100044b

そうこうしていると、時間はAM9:00。

暖簾が出て、営業開始です。

P4100045b

店内へ入って、まず「何にします?」と聞かれます。

私は「釜玉うどん」。

丼を渡され、自分で玉子を1つ割って待ちます。

あら、滋賀県の4人組も「釜玉」。

一緒に待ちます。

P4100046b

釜玉以外のお客さんは、出来上がりが早く、自分でだしをかけてお会計へ。

天ぷらも美味しそうでした。

P4100048b

「はいっ 釜玉のお客さま~」

少し待って、呼ばれました。

おばちゃんに丼を渡して、うどんを盛っていただきます。

その後、自分でネギとしょうゆをかけて出来上がり!

P4100049b

これが、なかむらさんのうどん。

「讃岐うどんの巡り方&讃岐うどんの基礎知識」の中では、なかむらさんのうどんを「比類なき軟体腰」、「あれはもう食べものというより、飲みものだ」と面白い評価をしています。

いったいどんな、飲みものなのか(笑)

P4100050b

箸でうどんを手繰って、ひとくち。

ん~ とても軟らかい、「ピトピト」としたうどん。

前フリで「飲みものみたい」と予習していたので、それほど驚きませんでしたが、確かに軟らかい。

熱々の釜あげ麺なので、玉子が固まってダマが。

これがまた美味しい^^

P4100051b

店内はこんな感じ。

この横には、もっと立派な席があります。

さて、あっという間にうどんを完食し、外に出るとこんな感じ。

P4100052b

あの~

まだAM9:10なんですが・・・

凄まじい人気です。

○お品書き○

熱いうどん 特大(3玉) 350円、大(2玉) 250円、小(1玉) 150円。

冷たいうどん 特大(3玉) 350円、大(2玉) 250円、小(1玉) 150円。

釜玉うどん 特大(3玉) 400円、大(2玉) 300円、小(1玉) 200円。

卵 1個 50円。

天ぷら類 各100円ほか。

P4100053b

なかむら

香川県丸亀市飯山町西坂元1373-3

0877-98-4818

営業時間 9:00~14:00(麺終了次第)

定休日 火曜日

こちらはサブサイトです。

本サイト「美味しく楽しく北海道Plus」はこちら。

http://www.sobatokatuobushi.com

|

« ひやあつ ~ あたりやさん | トップページ | 生しょうゆうどん ~ 本格手打ちうどん おか泉さん »

★そば・うどん」カテゴリの記事