« げんこつ山のたぬき丼 ~ そば屋の ながをさん | トップページ | 揚げかまぼこ ~ ヤマサ宮原さん »

大山 純米吟醸生原酒 立春朝搾り ~ 加藤嘉八郎酒造さん

山形県鶴岡市大山にある蔵元、加藤嘉八郎酒造さんの、大山 純米吟醸生原酒 立春朝搾り。

実はこのお酒、今年の2月5日にいただき、その美味しさのあまり、即2本購入したうちの残り1本。

P8210005c

毎年2月4日(立春)の午前0時に搾り始める、大山 加藤嘉八郎酒造さんの舟前酒で、まだフレッシュな「ピチピチ」感で、洋ナシがはじけそうな味わい。

この大山 純米吟醸生原酒 立春朝搾りを、今まで大切に大切に、冷蔵庫で熟成させていました。

私が大好きな「無濾過生原酒」タイプは、冷蔵庫でゆっくり寝かせることで、持てるポテンシャルの幅がどんどん広がります。

2月にいただいた時の印象を思い出し、昨晩さっそく利かせていただきました。

半年経って、どのように成長しているのでしょうか。

P8210006c

香りはやはり、洋ナシを思わせるようなフルーティーさ。

しかし、2月よりは落ち着いた印象。

含むと、「ん~ 美味しい^^」

搾りたての「ピチピチ感」はキレイになくなっているのですが、その代わりに香りと一緒で落ち着いています。

お米の旨味も甘味もイヤ味がなく、太いのにキレイ。

けっして消えていくような淡い旨味ではなく、「ドシッ」と舌の上に鎮座するようでありながら、しっかり印象を残して去っていく。

この太さは、アルコール度数17度~18度という、生原酒ならではの味わい。

美味しいな~^^

P8210008c

さて、これだけ上等なお酒に合わせたのは、手作りシメ鯖。

お口のなかを酢でサッパリしてくれるので、大山 純米吟醸生原酒 立春朝搾りのような野太いお酒には絶好の肴。

箸でつまんだワサビをのせて、ほっき節しょうゆを「チョンッ」とつければ、

「美味しいな~^^♪」

「美味しいな~^^♪」

P8210012c

こちらはサブサイトです。

本サイト「美味しく楽しく北海道Plus」はこちら。

http://www.sobatokatuobushi.com

|

« げんこつ山のたぬき丼 ~ そば屋の ながをさん | トップページ | 揚げかまぼこ ~ ヤマサ宮原さん »

★お酒と美味しいもの」カテゴリの記事