« お歳暮に、ほっき節しょうゆと、ながみのめんつゆをどうぞ! | トップページ | 十四代 中取り純米吟醸 播州愛山 ~ 高木酒造さん »

十四代 七垂二十貫 ~ 高木酒造さん

先日、お世話になっている日本酒の先生のところで、お酒の会がありました。

もちろん私も出席。

お腹いっぱい呑むぞ~!

Pb050007c

ゆる~いスタートの会は、参加者がポツポツ集まると始まります。

「今日は用事があって、早や上がりするから~」と、当会きっての酒師。

ならば早速始めましょうと、私を含めて3人でスタート。

Pb050009c

まずは、福島県会津板下の「天明」。

坂下といえば、あの有名な飛露喜がある土地。

私も何度か行ったことがあるので、街並みを思い浮かべていただきました。

臥龍梅は静岡の地酒。

山田錦らしい素直な酒質。

Pb050008c

酒の肴は、先生得意料理の鶏鍋。

寒い季節は鍋に限る!

特に大勢集まっての楽しい酒席では、1つの鍋を皆でつついて食べるのがGOOD。

話に輪が出来ますもんね。

Pb050010c

この鶏団子が、たまらなく美味しい~

ついつい1人で「パク パク」食べ過ぎ、後から来る仲間の分がなくなってしまいます。

もう1つ食べたいところ、我慢、我慢です。

Pb050011c

その分、お酒を呑んで楽しみます。

この頃にはすっかり酔いもまわって、写真のピントが合っていません。

Pb050012c

はいっ

またまたこちらも、見事なピンボケ^^;

この頃には参加メンバーも勢ぞろいして、会は大盛り上がり。

「それじゃ~ そろそろ開けようか」と、先生が手に持っているのは・・・

Pb050013c

山形県高木酒造さんの、十四代 七垂二十貫。

酒米「愛山」を使った、十四代最高峰のお酒。

これは酔ってる場合じゃない!

気合を入れてシャッターを切ります。

ピンボケしてなくて良かった~(笑)

Pb050017c

名前になっている「七垂二十貫(しちだれ にじゅっかん)」とは、ニ十貫のお米から、七垂のお酒しかできないことの意。

それだけ貴重なお酒。

が・・・

それをグラスにドンドン注いでいく先生。

「人数分あるかな~?」

みんなそれぞれグラスを持って、今日2度目?  3度目? の「カンパ~イ!」

舌の上でコロがして、七垂二十貫を味わいます。

「キレイなお酒だな~」

とにかく「キレイ」が印象的な十四代でした。

最後に先生、いつも美味しいお酒を用意してくれて、ホントありがとうございます。

今回もすっかり楽しませていただきましたm(_ _)m

Pb050015c

こちらはサブサイトです。

本サイト「美味しく楽しく北海道Plus」はこちら。

http://www.sobatokatuobushi.com

|

« お歳暮に、ほっき節しょうゆと、ながみのめんつゆをどうぞ! | トップページ | 十四代 中取り純米吟醸 播州愛山 ~ 高木酒造さん »

★お酒と美味しいもの」カテゴリの記事