« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

ながみのめんつゆで、すき焼き!

うう~~

寒い、寒い・・・

晩ご飯の食卓は、気が付けば鍋料理が続いています。

スーパーへ行くと、鍋物コーナーが広くとってありますし、「みんな考えることは同じだな~」と感じます。

今日もこれから寒くなるようだし、今晩も鍋かな。

Img_2547c

だけど、最近レパートリーが尽きちゃって・・・

という方、ながみのめんつゆを使って、たまには「すき焼き」にしてみませんか~^^

Img_2560c

作り方は、とっても簡単。

鍋に具材を入れて火にかけたら、あとは「ながみのめんつゆ」を、「トク トク トク トク」と注ぐだけ。

作り方なんて、そんなオーバーな!(笑)

Img_2555c

すき焼きの主役は、もちろん牛肉!

霜降りの高級牛肉なら最高ですが、そんなお肉はお財布に厳しいので、スーパーで手頃なお肉を調達。

定番の具材といえば、しらたき、ネギ、春菊、焼き豆腐、シイタケ。

あっ シイタケ忘れた!

しょーがない。

気にしない、

気にしない♪

Img_2572c

すき焼きのタレの代わりに、ながみのめんつゆを、お好みで。

お肉もイイけど、オイラこの焼き豆腐が好きだな~

めんつゆの味が絶妙に染み込んで、「たっぷり染みてます!」って色してる!

この色と焼き色が、見た目にも食欲をそそるんだな~

どうです?

美味しそうでしょ^^

Img_2591c

そして、この溶き卵にくぐらせて頂く。

誰が考えたのかな~ この食べ方。

これぞ、すき焼き!

って感じするもんね^^

野菜をたっぷり採って、お肉でパワーをつけて、栄養満点のすき焼きで、流行のインフルエンザを撃退しちゃおう^^/

Img_2622c

こちらはサブサイトです。

本サイト「美味しく楽しく北海道Plus」はこちら。

http://www.sobatokatuobushi.com

|

初音ミクに逢える!

札幌雪祭りが開催され、世界各国から観光客が訪れる千歳空港。

2階お土産店は、大勢のお客さんで賑わっていました。

そんな中、同じ階のじゃがポックルシアター内特設会場では、あの初音ミク展示会が催されており、これまた大勢のファンでいっぱい!

Rps20120209_155935c

等身大の初音ミク。

今、日本で世界に誇れる歌姫と言ったら、この初音ミクと、由紀さおりくらい。

凄い人気!

Rps20120209_155209c

Rps20120209_160026c

凄かったのが、このガチャガチャ。

新千歳空港限定フィギュアが入ったカプセルで、1回¥300円。

これを子供顔負けなくらい、大人が買いまくってる!

正しく「大人買い」。

用意してある分、すべて売れてしまうような勢い。

初音ミクの人気は凄いな~

Rps20120209_155110c

初音ミク展示会は、今月の12日まで。

あなたも新千歳空港へ、初音ミクに逢いに行きませんか^^

Rps20120209_160101c

こちらはサブサイトです。

本サイト「美味しく楽しく北海道Plus」はこちら。

http://www.sobatokatuobushi.com

|

どうしてるのかなぁ?

広島の牡蠣をいただいたので、早速カキフライにしてみました。

いつもありがとうございますm(_ _)m

P1020018c

美味しそうに出来たな~♪

1つ食べてみると、

「うんっ」、旨い!

今度は塩をふって、

「うんっ」、旨い!!

こりゃ~ ソースは必要ないかな。

最後の方で、ソース味を楽しむか^^

そんなことを考えていると、カキフライが大好物の友人を思い出した。

今頃、何してるのかな~?

波乗りしてるんだろうな~

友人は今、オーストラリアにいる。

観光でも仕事でもなく、サーフィンしに行っている。

もっとサーフィンがしたい!

上手くなりたい!

その一心で、日本での安定した生活を捨て、オーストラリアで暮らしている。

黙ってこちらにいれば高給取りなのに、お金よりサーフィンがある生活を選んだのだ。

日本で働いてお金を貯めて、その蓄えのみを頼りに暮らしている。

今頃なにしてるのかな~?

「道楽者」と言う人もいるだろうけど、誰かに迷惑をかけている訳でないし、法律に触れている訳でもないんだから、オイラはイイと思う。

むしろ、そこまで打ち込めるものがあって、幸せだと思う。

羨ましいくらいだ。

オイラもサーフィン好きだけど、友人の真似は、なかなか出来ないよ。

ただ好きなだけじゃ、絶対できない。

凄っい好き!

なくらいでも、絶対できない。

人生懸かってる!

くらい好きじゃないと、絶対に出来ないよ。

今度会ったときには、すっごく上手くなってるんだろうな。

負けてらんね!

オイラもがんばろっ

PS

海でミックに会ったら、「マイミクお願いします!」って言うんだぞ~(笑)

こちらはサブサイトです。

本サイト「美味しく楽しく北海道Plus」はこちら。

http://www.sobatokatuobushi.com

|

大山 立春朝搾り 純米吟醸生原酒 ~ 加藤嘉八郎酒造さん

2月4日の立春、春の訪れを知らせる日。

北海道では春どころか真冬ですが、暦のうえでは春なんです。

そんな春の訪れを祝うお酒が、立春朝搾り。

Img_3139c

大山 立春朝搾り 純米吟醸生原酒。

山形県庄内地方の蔵元、加藤嘉八郎酒造さんの立春朝搾り。

今年もいただくことが出来ました。

Kさん、ありがとうございましたm(_ _)m

Img_3137c

2月4日の午前0時、日付が変わった瞬間にお酒を搾りはじめます。

蔵人のみなさんはもちろん、近郊の酒販店さんも総出で手伝って、このお酒を瓶詰め。

なにせ、今日搾ったお酒を、今日中に飲んでいただくのがコンセプトだけに、みなさん徹夜で作業。

大変だ~~~

Img_3138c

搾ったお酒は、火入れせずに瓶詰め。

もちろん加水もしない、生原酒。

フレッシュ感満々で、「ピチピチ」揮発感もたっぷり!

アルコール度数が18%と高めですが、そんなことをまったく感じさせない飲み易さ。

ついつい、杯が止まらなくて・・・

鶴岡から中一日で北海道へ届き、さっそく昨晩いただきました。

蔵人のみなさん、今年も美味しいお酒をありがとうございました。

そしてKさん、お疲れのところ、本当にありがとうございました^^

Img_3155c

こちらはサブサイトです。

本サイト「美味しく楽しく北海道Plus」はこちら。

http://www.sobatokatuobushi.com

|

ニシパの恋人ランチ ~ 味処 いこいさん

美味しいトマトの生産地として有名な「平取町」。

実は平取町が、出荷量北海道一だということ知ってました?

それよりも、トマト・ジュースの「ニシパの恋人」の方が有名でしょうか。

平取町と言えば「トマト」。

トマトと言えば「ニシパの恋人」。

そんな平取産トマトを使ったご当地メニュー、その名も「ニシパの恋人ランチ」をいただきました。

いったいどんなランチなのでしょうか。

P2040020c

ニシパの恋人ランチは、平取町内の飲食店6店舗が、共通の定義のもとに創意・工夫した創作ランチ。

平取のトマト、和牛・黒豚、お米などを使った、地産地消ランチ。

そして今回お邪魔したのは、平取町のド真中にお店を構える「味処 いこい」さん。

定食やラーメン、ハンバーグなどなど、お年よりから子供まで、幅広い客層に人気。

今回ランチを創作・完成させたのは、札幌のホテルで修行した女性シェフ!

P2040011c

こちらが、いこいさんのニシパの恋人ランチ「黒豚ととまとのマリアージュ」。

ワンプレート様式で、お味噌汁がついています。

マリアージュというくらいですから、きっとワインにも合うんでしょうね~♪

P2040009c

正面手前に見えるのは、平取産トマト桃太郎を使った特製ソース。

その下に隠れているのが、平取産黒豚100%のハンバーグ。

P2040016c

たっぷりソースを掻き分けると、出てきました黒豚ハンバーグ!

このハンバーグ、常連客に人気なんですね~

周りのお客さん、かなりの確立で注文してました!

メニュー表を見ると、ハンバーグの他にカツ丼、肉丼、串かつ弁当にヒレかつ定食などなど、「平取黒豚」を使ったメニューが目立ちます。

P2040013c

ハンバーグの隣りに盛り付けられているのは、これまた黒豚を「クルクルッ」と巻いてから揚げたトンカツ。

こちらはトマト・ソースではなく、デミグラス・ソースで。

噛み締めれば、「ジュワ~~」と肉汁がほとばしる~♪

P2040018c

そして名物「ニシパの恋人」が付いてきました。

食後のコーヒーもよいのですが、たまにはトマト・ジュースもイイですね。

お腹いっぱいなら、持って帰れますもんね^^

夏場はトマト・ジュースではなく、スイーツ感覚でいただくトマトのシロップ煮が食べられるので、こちらも要チェック。

ニシパの恋人ランチは、全店1人前¥980円。

平取へお出掛けの際は、ぜひどうぞ~^^

P2040019c

味処 いこい

北海道沙流郡平取町本町41-10

01457-2-2448

営業時間  10:30~15:30、17:00~20:00

定休日  日曜日

こちらはサブサイトです。

本サイト「美味しく楽しく北海道Plus」はこちら。

http://www.sobatokatuobushi.com

|

2週続けて樽前山

オイラのボヤキが天に届いたのか、天気の神様が今週も「晴れ」をくれました。

ありがとう^^

と言うことで、先週に続いて、今週も樽前山へ。

P2050001c

天気予報通り、雲が切れて、陽射しが差してきました。

いいぞ、いいぞ~♪

P2050015c

いくら雪が硬いとはいえ、ツボ足はチョッと無理があるかな^^;

所々にハマッた跡があるけど、この穴は深いな~

この人、大丈夫だったのだろうか(笑)

P2050003c

フュッテに着くと、ベテラン登山家が1人、食事をとっていました。

「ん~ 風が強いな・・・」

「ここでこんだけあるなら、上は強いな・・・」

少し話を伺って、登ることに決定。

P2050013c

登山者名簿に記名すると・・・

あらまっ

先週オイラが登った後、誰も登っていない。

自分の名前が2つ並ぶのも面白い^^

Img_3045c

山頂を見上げれば、流れる雲が速い。

ん~

登るかどうか、悩んでいたってしょーがない。

腹ごしらえしてから考えよう。

P2050005c

今日のご飯は、ナビスコ RITZ カマンベール・ペッパー味!

なんだ!

お菓子か(笑)

Img_3069c

写真じゃ伝わらないけど、北風ビュー ビューで心が折れそう・・・

「いいかい、あのブッシュの脇を行って、あの先の稜線が見えるでしょ」。

「ひたすらそこまで歩いて、急に雪がフカフカに変わったら、そこから右」。

「気をつけて行っといで」。

「俺のシューじゃ、滑ってダメだ」。

さっきのベテラン登山家さんからアドバイスをもらって、決心。

※この後、ベテラン登山家さんはフル装備にチェンジして、再び登っていきました^^

Img_3060c

それにしても凄い風!

山頂に近づくにつれ、どんどん強くなってきた。

残りあと50m。

風は真正面から吹いてくる。

風が背中のスノーボードに、まともに当って、何度もまくられそうになる。

下を向き、腰をかがめて歩く姿は、お婆ちゃんのよう。

でも、こんなに背中の曲がったお婆ちゃんは、実際いないかな^^;

それでも山頂から吹き付ける風は、ますます強まり、まくられて飛ばされそう。

もう地面とニラメッコ状態で登る。

サングラスに汗が落ちる。

とたんに曇り、そして凍る。

あ~~~

見えた!

樽前山東山の標識。

標高1022m。

もうこの時は、歩伏前進状態(笑)

カメラを取り出し、何とか撮影するも、風で手が振れる!

目が開けられない(笑)

サーフィンで言えば、オフショア10m。

やっぱり、目が開けられない^^;

写ったんだかどうだか分からないけど、もう耐えられなくて、そそくさと下山。

またまた這うように山頂から離れて、無事我が家へ。

ふ~

大変だったけど、なんだか楽しかった~♪

また来週も登って、3連チャンしようかな(笑)

ベテラン登山家さん、アドバイスありがとうございましたm(_ _)m

P2050006c

参考タイム

上り~170分。

下り~160分。

こちらはサブサイトです。

本サイト「美味しく楽しく北海道Plus」はこちら。

http://www.sobatokatuobushi.com

|

そばの恵方巻 ~ そば天国 松乃家輪厚店さん

昨日に続き、恵方巻です^^

今日いただいたのは、恵方巻は恵方巻でも、蕎麦(そば)の恵方巻。

P2040021c

「そば寿司」で作った恵方巻!

どうですか!

キレイでしょ~!

海老天、キュウリ、カニカマ、卵焼き、それにトビッコを散らして出来上がり~

酢飯ならぬ「酢蕎麦」の塩梅が絶妙で、そばの汁を使った特製のタレをつけていただきます。

1本なんて「ペロリ」と食べられちゃう、とてもクオリティーの高い「そば恵方巻」。

今年食べられなかった方は、来年ぜひ予約しましょ^^

P2040022c

今月の27日(月曜日)、毎年恒例の「そば会」があります。

松乃家さんが腕によりをかけた蕎麦懐石料理と、全国各地の地酒が楽しめる美食の会。

当日は貸切となり、20名様限定。

興味のある方は、下記までご連絡ください。

○そば懐石 1人前 ¥3800円~店長おすすめ日本酒(120分)

○そば懐石 1人前 ¥3200円~ソフトドリンク飲み放題(120分)

P2040023c

そば天国 松乃家輪厚店さん

北海道北広島市輪厚中央5丁目3-13

011-377-6550

営業時間 11:00~15:00(月曜日)、11:00~21:00(火曜日~日曜日)

不定休

こちらはサブサイトです。

本サイト「美味しく楽しく北海道Plus」はこちら。

http://www.sobatokatuobushi.com

|

恵方巻

今日、2月3日は節分。

みなさん、豆まきしました?

私はというと、簡単ながら「鬼は外ぉ~」、「福は内ぃ~」

しましたよ~

そして、ここ数年で、すっかり定着した「恵方巻」。

みんなと一緒に、丸かぶり!

これで良い事あるかな^^

P2020001c

こちらはサブサイトです。

本サイト「美味しく楽しく北海道Plus」はこちら。

http://www.sobatokatuobushi.com

|

フモトヰ純米酒「TRAD&CURRENT」 ~ 麓井酒造さん

一見ワインボトルを思わせるような、高級感のある四合瓶。

山形県鳥海山の伏流水を仕込み水に、生もと造りを得意とする蔵元のお酒。

Img_2990c

山形県の酒米「出羽燦々」を65%まで磨き、2年以上寝かせた熟成酒。

Img_2992c

猪口に注げば、まるでシェリー樽で寝かせたウイスキーのように、黄金色に輝く液体が姿を現します。

と同時に、古酒らしい香りが立ち昇る!

Img_2997c

含むと、純米酒らしい米本来の膨らみと、野太い味わい。

酸味がありながら、けっして酸っぱくない、バランスのとれた印象。

ワインでいえば、フルボディー・タイプ。

去年この「TRAD&CURRENT」を熱燗にして美味しかったのを思い出し、今回も徳利を用意して熱燗に。

お燗することで、酸味が延び広がって旨味を助長し、野太い味を更に野太く!

それでいて、「ス~ッ」と切れていくんだな~

Img_3003c

これだけ「ドッシリ」としたお酒の充ては、サッパリ系じゃ物足りない・・・

しっかりと脂ののったサーモンを用意。

ん~ 

これくらいハッキリとした肴が、丁度イイかな^^

今度は紅鮭を焼いて・・・

ふふふっ^^

Img_3001c

こちらはサブサイトです。

本サイト「美味しく楽しく北海道Plus」はこちら。

http://www.sobatokatuobushi.com

|

自家焙煎コーヒー ボリビア豆

コーヒー通の知人が自家焙煎した豆を、お裾分けしていただきました。

私も自家焙煎するのですが、結構手間がかかるんですよね。

貴重な豆を、ありがとうございますm(_ _)m

P1020015c

いただいた豆はボリビア産。

普段は時間がなくて、チャチャチャッと入れてしまうのですが、今日は丁寧に^^

豆の鮮度がよく、丁寧に焙煎したコーヒーは透き通って美味しい。

色が透き通ってるのではなく、味が透き通ってる。

よく砂糖とミルクを入れずにブラックで飲むと、胃にもたれると言いますが、良いコーヒーはそれがありません。

もちろん、胃腸の丈夫さで個人差はありますが、思わず「おかわり」したくなる^^

鰹節の出汁も同じで、安価なものは旨味の他に「雑味」や「エグ味」も一緒に出てしまい、味は濃いんだけど、「なんだか美味しくない」という仕上がりになってしまいます。

ボリビアの豆も良いのですが、やはり丁寧な焙煎が良かったのかな。

もちろん「おかわり」しちゃいました^^

個人的には、少し苦みのある奥深いものが好きなんですが、ただ深煎りしただけの苦味はペケ。

「難しいこと言うな~」と思われるかもしれませんが、私も自家焙煎するからこそ分かる違いなんです。

これがなかなか出来ず、今も追及中なんですけどね~(笑)

コーヒーも鰹節も、奥が深い・・・

P1030020c

こちらはサブサイトです。

本サイト「美味しく楽しく北海道Plus」はこちら。

http://www.sobatokatuobushi.com

|

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »