ながみのめんつゆで、すき焼き!

うう~~

寒い、寒い・・・

晩ご飯の食卓は、気が付けば鍋料理が続いています。

スーパーへ行くと、鍋物コーナーが広くとってありますし、「みんな考えることは同じだな~」と感じます。

今日もこれから寒くなるようだし、今晩も鍋かな。

Img_2547c

だけど、最近レパートリーが尽きちゃって・・・

という方、ながみのめんつゆを使って、たまには「すき焼き」にしてみませんか~^^

Img_2560c

作り方は、とっても簡単。

鍋に具材を入れて火にかけたら、あとは「ながみのめんつゆ」を、「トク トク トク トク」と注ぐだけ。

作り方なんて、そんなオーバーな!(笑)

Img_2555c

すき焼きの主役は、もちろん牛肉!

霜降りの高級牛肉なら最高ですが、そんなお肉はお財布に厳しいので、スーパーで手頃なお肉を調達。

定番の具材といえば、しらたき、ネギ、春菊、焼き豆腐、シイタケ。

あっ シイタケ忘れた!

しょーがない。

気にしない、

気にしない♪

Img_2572c

すき焼きのタレの代わりに、ながみのめんつゆを、お好みで。

お肉もイイけど、オイラこの焼き豆腐が好きだな~

めんつゆの味が絶妙に染み込んで、「たっぷり染みてます!」って色してる!

この色と焼き色が、見た目にも食欲をそそるんだな~

どうです?

美味しそうでしょ^^

Img_2591c

そして、この溶き卵にくぐらせて頂く。

誰が考えたのかな~ この食べ方。

これぞ、すき焼き!

って感じするもんね^^

野菜をたっぷり採って、お肉でパワーをつけて、栄養満点のすき焼きで、流行のインフルエンザを撃退しちゃおう^^/

Img_2622c

こちらはサブサイトです。

本サイト「美味しく楽しく北海道Plus」はこちら。

http://www.sobatokatuobushi.com

|

羅臼でおまかせ定食 ~ 港の食事処 みね家さん

標津から羅臼へ向う道中、海を眺めながらのドライブは、実に気持ちイイ^^

天気が良く、対岸の北方領土が良く見える。

と・・・

あれっ

こんな所に食堂なんて、あったっけ???

通り過ぎてから思い返すのですが、はやり記憶にありません。

やっぱり気になる!

車をUターンさせて、立ち寄ってみることに。

Pb180032c

場所は漁師町の羅臼まですぐ。

看板に「港の食事処」とあるので、海の幸づくしの食堂だろうか。

俄然、期待度がUPします^^

Pb180027c

暖簾をくぐると、「いらっしゃいっ!」

親方さんと、奥さんが出迎えてくれます。

正面左側がカウンター席と、対面式の調理場。

右側が小上がり席。

カウンター席には、先客が2人座っていました。

「そんじゃ~ お客さん来たから、オレ行くわ」

どうやら先に食事を終えたお客さんが、親方さんとの話も終わり仕事に戻るよう。

もう一人のお客さんは、これからのよう。

「はい、お待ちどうさま~」

女将さんが運んできたのは、海の幸ではなく、カツ丼。

ん~ 

ここの看板メニューはなんだろう???

Pb180026c

と、目の前の黒板に目が止まりました。

そこに書かれている、おまかせ定食。

ん~

どうやらこれがクサイ!

本命はこれだろうか?

そこで親方さんに聞いてみました。

「おまかせ定食って、どんなのですか?」

すると、お刺身などの海のものと、お肉などの定食で、「けっこうなボリュームだよ~」とのこと。

それじゃ~ それをお願いしま~す^^

Pb180028c

そして運ばれてきたのがコレ!

海の幸いっぱいです^^

食事をいただきながら話を聞くと、このお店は今年オープンしたばかり。

どうりで記憶にない訳ですね^^;

ご主人は魚釣りが趣味で、毎朝のように釣りをしているそう。

投げ釣り、船釣り、渓流釣りなど、全ての釣りに精通し、お願いすれば船や釣り餌の手配までしてくれます。

また、標津町公認の観光ガイドもしている、バイタリティ溢れる人。

魚釣りがしたくて、本州からこちらに移住し、地元のホテル・旅館で働いていたのですが、定年後は趣味を兼ねたお店をと、このお店を始めたそう。

実に面白い経歴の方で、ついつい話しにのめり混んでしまいました。

Pb180031c_2

そして、お店一番のお勧めはこれ!

生田原産A4ランクの特選和牛。

えっ?

ここまで話を引っ張っておいて、海の幸じゃないの???

そんな声が聞こえてきそうですが、そこも面白いところじゃないですか^^

羅臼の新しい食事処 みね家さんへ、みなさんもどうですか。

Pb180029c

港の食事処 みね家

北海道目梨郡羅臼町峯浜港入り口

0153-88-3080

こちらはサブサイトです。

本サイト「美味しく楽しく北海道Plus」はこちら。

http://www.sobatokatuobushi.com

|

土曜の丑の日、うな重~割烹 熊の子さん

足寄町の駅前通りを歩いていると、何やら煙が「ゆらゆら」と・・・

よく見ると、割烹店の店先でウナギを焼いているではありませんか!

Rps20110720_140650b

焼き台の前には、料理さんが付きっきりでウナギを白焼きにしています。

「うわ~ 美味しそう!」

ウチワを「パタパタ」させて、真っ赤に燃える炭火の火加減を絶妙にコントロール!

熟練の技が、細部にまで拘ります。

Rps20110720_141127b

「料理さん、このウナギお土産用に包んでいただけますか?」

「おう! いいよ!」

「ちょっと待ってな! 今、最高に美味しいの焼いてあげるから!」

そう言って、調理場の奥から串にうたれたウナギの中から、一番大きいのを選んでくださいました。

そのウナギを、遠からず、近すぎずの絶妙な位置に置き、「パチパチ」燃える炭火で白焼きにしていきます。

「おっ イイ感じだ」

そう言って、今度は熊の子さん秘伝のタレの中に投入!

老舗割烹店秘伝のタレは、長年注ぎ足し、注ぎ足しされ、ウナギの旨味も凝縮されたもの。

これがポイントなんですよ~

しかも、企業秘密の原材料と割合は、原価率を度外視した熊の子さん自慢のもの。

このタレを身体全体にコーティングされたウナギが、炭火の上で「ジュウウウウ~ッ」と焼かれて生きます。

Rps20110720_140858b

こちらは調理の順番を待つ、浜名湖から直送されたウナギ。

今日は250匹が焼かれます。

Rps20110720_141428b

炭火の上にタレが滴りおちるたび、「ジュウウ~ッ」と美味しそうな音と共に、香ばしい香りが辺りを漂います。

この香りにつられて、フラフラとお客さんが集まってきました。

Rps20110720_141617b

「さあ~ もうイイぞ~」

料理さんの合図で、炊き立てのゴハンが盛られた「おみや箱」が、調理場から届きました。

ふっくらと炊けて、美味しそう。

「タレはどうする? 多めが好みかい?」と聞かれ、「たっぷりお願いします!」と私^^

「よしっ! こんな感じでどうだ!」

そう言って、ゴハンの上に秘伝のタレ、そして焼きたてのウナギが乗せられ完成です!

「熱いうちに食べてね!」

料理さん渾身の「うな重」を片手に車に乗り込み、さて何処で食べようか?

幸せな悩みを抱えて、足寄の町を後に。

料理さん、ご馳走さまです^^

Rps20110720_140720b

割烹 熊の子

北海道足寄郡足寄町南1条2丁目

01562-5-2625

営業時間 11:00~21:00

不定休

こちらはサブサイトです。

本サイト「美味しく楽しく北海道Plus」はこちら。

http://www.sobatokatuobushi.com

|

むぎはっと定食 手打ちそば処 そば忠さん

P4170442a

「どこかお蕎麦屋さんはないかな~」と、盛岡の街を「ぷらぷら」散歩。

今にも雨が降りそうな雲行きのなか、見つけました。

こじんまりとした佇まいで、看板には「手打ちそば」の文字が。

期待がもてます。

さっそく暖簾をくぐりテーブル席につくと、壁にお勧めメニューのポップが貼られています。

「そば定食」と「むぎはっと定食」。

むぎはっと・・・

お蕎麦をいただくつもりで来ましたが、折角ですからこちらを頂くことに。

P4170443a

「はっと」とは、岩手県から宮城県北部に伝わる、小麦粉を使った郷土料理で、「はっと汁」が有名。

小麦粉を水で練った生地を薄く延ばし、ひとくち大にちぎったものをいただきます。

ワンタンのようなものかな^^

プルルンッ

チュルルンッ

この食感がたまりません。

美味しい。

P4170444a

この味たま、半熟具合といい、味付けといいバツグン。

ごはんは、おかわり自由。

これで¥650円は、とってもお得。

は~ おなかいっぱい、ご馳走さまでした^^

P4170446a

○お品書き○

かけ 400円、かしわ 600円、カレー 650円、あんかけ 650円、かき揚 600円、えび天 850円、もり 450円、ざる 500円、納豆 650円ほか。

P4170450a

手打ちそば処 そば忠

岩手県盛岡市月が丘1-4-7

019-646-6787

営業時間   11:00~15:00、17:00~20:30

定休日    木曜日

こちらはサブサイトです。

本サイト「美味しく楽しく北海道plus」はこちら。

http://sobatokatuobushi.com/

|

函館産のトラフグ 赤絵浜弓本店さん

P2180023

お客様と会食です。

bottleもすすみ、頃合を見計らって席に運ばれてきたのはトラフグ。

それも、地元函館住吉漁港に今日あがったばかりのトラフグだそう。

北海道にもトラフグがあがるんですね。

勉強になりますm(_ _)m

P2180022

ご主人がお話してくれる食材と料理の話にearを傾けながら、bottleをグビリッhappy01

とても勉強になります。

自宅で試してみますね。

P2180026

ふぐ鍋のしめは、「ふぐ雑炊」heart04

とき玉子を入れて、さっとかき混ぜ出来上がり。

おだしが効いた雑炊のお味はgood

隠し味の○○がポイントでしょうかup

こちらも自宅で試してみますupup

P2180018

P2180020

P2180021

美味しい料理と楽しいお話。

あっという間に時間は過ぎます。

良いお店を紹介していただき、ありがとうございましたm(_ _)m

P2180015

赤絵浜弓本店

北海道函館市本町1-5

0138-31-7188



関連ランキング:割烹・小料理 | 中央病院前駅五稜郭公園前駅千代台駅

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年も宜しくお願い申し上げます

Pc310004

新年あけましておめでとうございますshine

みなさん昨晩はいかがお過ごしになられましたかbottle

さて、2009年の「美味しく楽しくほっかいどう」は、おせち料理からスタートです。

Pc310003

おせち料理って、なにから食べようか迷ってしまいますよねhappy01

Pc310011

annoy鵡川産子持ち柳葉魚昆布巻き。

Pc310008

annoy帆立貝のラタトゥイユ

Pc310009

annoy蝦夷バフン雲丹 昆布醤油漬け

Pc310010

annoyきんきの西京焼き

Pc310005

annoy有機野菜と海の幸のコンソメゼリー添え

Pc310007

annoy苫小牧産北寄貝のマリネ 根菜類の自家製ピクルス添え

などなど、料理がイイとbottleが止まりませんhappy01

今年も、美味しいもの沢山食べられますようにnotenotenote

2009年も宜しくお願い申し上げますhappy01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

北海道づくし 串坊・懐石料理たいしょうさん

P9060002

四国よりお客様がやって来ましたairplane

北海道で何を食べたいの?

前もってリサーチすると、食べたいものだらけcoldsweats01

そんなときには、お店にお任せするのが一番。

ここ「串坊・懐石料理 たいしょう」さんでは、道外から訪れたお客様向けに 「北海道づくし」というコース料理があります。

P9060008

旬の食材を集めるため内容は変わりますが、まさに今が食べ頃sign01という料理でおもてなしいただけます。

P9060003

もちろん苫小牧名産のホッキ貝もメニューに。

今回は、ホッキ貝の貝殻にのって、グラタン風にnote

P9060004

P9060005

P9060006

お値段は手ごろなのですが、お腹いっぱいになる内容で大満足happy01

P9060001

2階にはお座敷も数室あり、大人数でもgood

忘年会を迎えるこの時期、幹事さん必見の料理店ですよ~

予算、料理は相談にのっていただけるので、一度ご相談ください。

P9060007_2

串坊・懐石料理 たいしょう

北海道苫小牧市大町1-4-20

0144-32-6226

営業時間  17:00~23:00

http://www.dreamsite.ne.jp/user/taishoh/



関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 苫小牧駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)