北見の焼肉と言ったら、「とん久」さん!

北海道は寒い・・・

去年12月から、ずっと寒さ、雪と続き、今シーズンは、なんだか暦が1ヵ月前倒しになっているような感じ。

その分、春も早く来てくれれば嬉しいのですが。

この寒さで気力、体力ともにダウン気味。

ならば風邪などひかぬよう、焼肉を食べてモチベーションUP!

Rps20120111_203132c

ここは北海道北見市。

飲食店の数を人口比率で割ると、北海道でも屈指の飲食店激戦区。

そんな北見のなかでも、焼肉と言ったら「とん久」というくらい地元に知られたお店にお邪魔しました^^

早速お願いしたのは、最近人気の「とん久セット」。

特選和牛ロース、味骨付き牛カルビ、上牛サガリ、牛カルビ、和牛カルビ、ホタテ、ソーセージのセットで¥4750円。

お店に来ても、何を注文しようか迷う方には特にお勧め。

「特選和牛」のような高価なお肉も、セットになればお得感倍増!

Rps20120111_202453c

いや~~

美味しそう^^

とん久さんは、肉のカット方法にも独自のノウハウをもっており、他店にはないオリジナリティーがいっぱい。

そのお肉を、自家製タレをたっぷりつけていただきます。

サッパリとして食べ飽きしないタレ。

スーパーなどで市販されている「食べ飽きしない焼肉のタレ」というキャッチコピーのタレを最近見かけますが、とん久さんでは今から30年以上も前から「食べ飽きしないタレ」で人気。

現在も創業当時の味を守っています。

Rps20120111_201734c

火の上に置かれているのは、とある山の溶岩石。

安定した熱量を発する溶岩石は、お肉だけではなく、魚や野菜も美味しく焼けるそう。

Rps20120111_203745c

特選和牛ロースを薄くカットしてもらいました。

同じお肉でも、厚さが変われば食味も変わる。

和牛の脂が1番甘いタイミングを、とん久さんのマスター直々に伝授していただきました^^

この方法なら、スーパー特売のお肉が、特選和牛のように変わるかも。

Rps20120111_205229c

そして北見と言ったら、「生ホルモン」。

ホルモンを食べなきゃ北見で焼肉を食べたとは言えない!

それくらい北見はホルモンが美味しい^^

北見市内には食肉処理場が2箇所もあり、それはこの街がお肉をよく食べるという証拠。

大量にお肉を食べるから、鮮度の良いお肉が流通するという訳。

特に臓物系のホルモンは、鮮度が命。

今回食べた4種類のなかで、写真中央上の「牛まるホル」が特に美味しかった~

焼き上げた牛まるホルはお菓子のコロンのような形状で、「プリッ」とした歯ざわりのなかから、「クニュ~ッ」と練乳のようなトロける脂が滲み出て美味。

よくホルモンは「飲み込むタイミングが難しい」と言いますが、とん久さんではそんなホルモンはありません。

Rps20120111_203448c

そして〆は、海鮮チゲ鍋。

オホーツクのホタテや佐呂間湖の牡蠣がたっぷり入ったチゲ鍋。

ここへご飯を加えて「おじや」にすれば、もうお腹いっぱい大満足^^

これでこの寒波を乗り切るエネルギーは満タン。

充電完了!

明日からも、営業頑張るぞ~~~!!

ご馳走さまでしたm(_ _)m

Rps20120111_201418c

焼肉の とん久

北海道北見市栄町2丁目2-3

0157-24-1571

営業時間 17:00~23:00、13:00~23:00(土・日・祝)

定休日 月曜日

こちらはサブサイトです。

本サイト「美味しく楽しく北海道Plus」はこちら。

http://www.sobatokatuobushi.com

|

黒石つゆやきそば ~ ひまわり食堂さん

青森県黒石市。

ここ黒石も、やきそばの街として有名。

なかでも、焼きそばにスープが並々とかかった、ご当地メニュー「つゆやきそば」がブレイク!

そんな黒石つゆやきそばを食べに、出掛けてみました。

目当てのお店に着くと、「あっ 暖簾がさがっている・・・」

電気は点いているので、扉を開けてみると・・・

あっ

開いた!

「すみません、食事できますか?」

とお店の方に訪ねると、「もう閉店です」と断られてしまいました(涙)

そうですよね~

時間も遅いし、ダメですよね~

Pa160308c

それでも諦めきれずに街中をチョロチョロしていると、「あっ!」

つゆやきそばの暖簾が!

しかもお店は電気が点いて明るく、暖簾も出ている!

よし!

ここで食べよう^^

Pa160305c

暖簾をくぐると、カウンターで新聞を広げた、ご主人が1人。

小上がり席には、中学生くらいの女の子と、お母さんがラーメンを食べているところ。

カウンターのご主人に、「つゆやきそばお願いします」と声をかけると、おもむろにジョッキー内のビールを「グッ」と飲み干してから、「お客さんだよ~」と調理場らしき奥へ声をかけてくれました。

どうやらこの人はお客さんで、ご主人ではなかったみたい(汗)

しばらくして、ご主人がつゆやきそばを作って、運んでくれました。

Pa160307c

「きしめん」のような平たい麺には、黄色く色がついています。

見た感じ、カレーうどんのようですが、これはソースで味付けした中華麺。

そしてこれに・・・

Pa160306c

たっぷりの和風あっさりスープがかかっています。

タレントの金ちゃんが、「不思議な味がする~」と言っていましたが、私も同感。

まったく新しいジャンルの食べものになっています^^

「黒石には沢山のお店があるから、色んなお店で食べてみて」と、ニコやかなご主人。

「どこから来たの?」

「いつまで黒石にいるの?」

そう聞いてくるのは、小上がりのお母さん。

「わざわざ黒石に来てくださって、ありがとうね」

「いっぱい美味しいお店があるから、食べれるだけ食べていってね」

「ありがとう」

何度も、何度も、「ありがとう」とお礼を言われ、なんだか照れくさいやら、恥ずかしいやら。

黒石って良い街ですね。

まったく自分の商売とは関係ない人達でも、「ありがとう」と言ってくれる。

道を訪ねたガソリンスタンドのお姉さんも、通りかかったおばちゃんも、みんな「わざわざ黒石まで来てくれて、ありがとう」と言ってくれます。

今度、私の地元苫小牧で、「ハスカップを買いに来た」という人がいたら、「ありがとう」と言おう。

「フェリーに乗りに来た」と道を訪ねられたら、「ご苦労様」と言おう。

自分が住む街に脚を運んでくれる。

それだけでも感謝しなくては。

黒石って、良い街だな~

Pa160309c

ひまわり食堂

青森県黒石市横町25-4

090-7664-5364

営業時間  12:00~14:00、17:30~2:00

定休日  急用がある時のみ

こちらはサブサイトです。

本サイト「美味しく楽しく北海道Plus」はこちら。

http://www.sobatokatuobushi.com

|

横手焼きそば~ふじわらさん

山形から青森へ向かいます。

途中横切る秋田県。

ただ通り過ぎるだけでは勿体無い。

ご当地グルメを食べなくちゃ~^^

Pa160279c

じゃん!

焼きそばの上にのった目玉焼き。

そして福神漬。

そうこれが、横手焼きそば!!

Pa160280c

お邪魔したお店は、地元でも人気の「焼きそば ふじわら」さん。

横手駅から徒歩圏内で、こじんまりとした佇まい。

暖簾をくぐると、小さなテーブルに、これまた小さな丸椅子を置いた、昔ながらの食堂スタイル。

厨房内のお母さんに、「横手焼きそばをください」と注文すると、

「はいっ 肉玉いっちょ~~~っ」

えっ?

「いやいやお母さん、横手焼きそばをお願いします」と念押しすると、

またまた、「はいっ 肉玉いっちょ~~~っ」

そこで私、気づきました。

横手焼きそばとは、B級グルメで全国に発信するための名前で、地元では「肉玉焼きそば」と呼ばれているんです。

だから店内のお品書きに、「横手やきそば」の文字は、どこにもありません。

なるほど~!

若いカップルが来店しました。

「肉玉の中盛りと、並を1つづつね~」

そのオーダーのし方からして、地元人のよう。

今度は私も、カッコよく注文しよっと^^

Pa160281c

横手焼きそばの麺は、角の立った、長さが不揃いなストレート麺。

この麺に、炒めた豚挽肉とキャベツがコラボする焼きそば。

それだけでも美味しいのに、半熟目玉焼きがトッピングされれば、まさにB級グルメの王道。

黄身を崩し、麺に絡めれば、まさに黄金色の焼きそば。

値段の安さも庶民的で、肉玉1人前¥500円。

写真は中盛りで¥550円。

大盛りでも¥630円で、私は中盛りで、丁度良いボリューム。

安くて美味しい。

それが横手焼きそば人気の秘密。

Pa160282c

焼きそば ふじわら

秋田県横手市寿町8-16

0182-33-1648

営業時間 11:30~14:30

定休日 水曜日・木曜日

こちらはサブサイトです。

本サイト「美味しく楽しく北海道Plus」はこちら。

http://www.sobatokatuobushi.com

|

会津カレー焼きそば~喜楽屋神龍さん

最近の福島県会津地方の、人気ご当地メニューって何か知ってます?

会津ラーメンでも、ソースカツ丼でもなく、実は「焼きそば!」。

それもカレー味の焼そば、そう!  カレー焼きそば!!

Pa120186c

会津若松市内近郊の飲食店数店が集まって、「会津カレー焼きそばの会」が発足。

お問い合せは、事務局 0242-36-6102

早朝、会津美里の観光案内所へ立ち寄ると、可愛らしい女性が応対してくれました。

「この辺で美味しいものを食べたいんですけど、どこか良いお店はありませんか?」

すると、「すぐ近くにある喜楽屋さんで、カレー焼きそばが食べられます」。

「つい最近、テレビの秘密のケンミンSHOWにもでたんですよ~」と、テンション高めに教えてくれました。

おお~ それはちょうどイイ。

折角ですから、食べて行くことに^^

案内所のお姉さん、ありがとう。

Pa120185c

喜楽屋さんの場所は、会津高田駅の目の前。

玄関の張り紙には、11:30~営業と書いてあります。

少し時間があるので、駅で時間を潰すことに。

それにしても、良い天気~

そろそろ暖簾の出る頃だな。

お店の前で待ちます。

別に行列が出来て待っているのではなく、ポカポカ陽射しの下、私一人で「ポケラ~」と立っています。

ん~ 11:30は過ぎたんだけど、まだ準備が出来ていないんだな~

再び「ポケラ~」と佇んでいると、作業服姿の2人連れが、お店の中に入っていきます。

私の方を見ながら、「なにしてんの?」って顔をしながら・・・

あっ もしかして!

慌てて私もお店の中へ。

「いらっしゃいませ~」、厨房の中から掛け声が。

なんだ、もう開店していたんだ。

ただ、暖簾がないお店だったんだ^^;

カウンター席に腰をおろし、「カレー焼きそばをください」と注文。

すると、「普通盛りですか? 大盛りですか?」と聞れます。

普通盛りじゃ少ないのかな??

聞いてみると、普通盛りでも結構な量とのことなので、普通盛りで注文することに。

すると、小さな女の子を連れた若いお母さんが来店し、ホルモンのお持ち帰りを注文。

ホール係りの女性と、お店の店主、客のお母さん。

その話からすると、常連客のよう。

常連客というより、ご近所さんって感じ。

なんかこういう雰囲気ってイイな~

Pa120187c

「はいっ お待ちどうさま~」

カレー焼きそばが出来上がりました。

しかも中華スープ付き。

喜楽屋さんのカレー焼きそばは、挽肉たっぷりのキーマカレー風の甘辛しっかり味。

濃厚なんだけど、それほど辛くない。

子供でも美味しく食べられるお味。

Pa120188c

どうですか!

美味しそうでしょ!!

会津カレーラーメンは、ただ単にカレー味の焼きそばって訳じゃなく、しっかりソース焼きそばを作ったあとにカレーをトッピングするワイルドなメニュー。

焼きそばの上にトンカツをのせ、カレーを「タラ~リ」とかけたものや、中華そばの麺ではなく、スパゲティのパスタにカレーをかけたものまであります。

けっこう、ユルイんですね~

昭和50年代頃から会津若松地方に登場し、現在30歳以上の人には、まさに青春の味!

正真正銘「ソウルフード」なんです。

Pa120189c

茹でた中華麺に炒めた野菜と特製ソースを絡め、それだけでも美味しいのに、珠玉のキーマカレーソースをかければ、もう何も言うことなし。

文句なく美味しいです^^

1人前普通盛りで¥750円。

私はこれで、お腹いっぱい、大満足~

ご馳走さまでした~~

Pa120190c

喜楽屋神龍

福島県会津美里町字柳台甲2331

0242-54-2326

営業時間~11:30~14:00、17:00~20:30

定休日~火曜日

こちらはサブサイトです。

本サイト「美味しく楽しく北海道Plus」はこちら。

http://www.sobatokatuobushi.com

|

焼肉割烹 田村本店さん

「そしたらさ~ 久しぶりに肉が食べたいから、田村へ行こう」

「だから今回は、何も用意しておかないからな」とは、いつもお宿を拝借する美幌のお客様。

田村さんのお肉は、ホント美味しいですからね~

お昼ごはんを少なめに調整して、晩の焼肉に焦点を絞りました^^

Rps20110907_204523c

焼肉店で私がいつも注文するのは、カルビ、サガリ、ホルモンの3種類。

どこへ行っても、まずこの3つが基本形なんです。

田村さんのサガリは、まるでカルビのような脂ののり!

Rps20110907_204814c

このカルビを網にのせると、滴り落ちる脂で炎が「ボーボー!」

まるでトントロやサンマをやいているような感じ。

軽く炙って食べるくらいが丁度イイ^^

Rps20110907_204545c

豚の塩ホルモン。

焼き上がりの歯ごたえが「コリコリ」と心地よく、3人前なんて、あっと言う間に胃袋へ消えてしまいます。

田村本店さんの駐車場は、京都や横浜ナンバーの車も混じり、「全国区なんだな~」と、その人気を実感。

また食べに来よっと^^

Rps20110907_204225c

肉の割烹 田村美幌本店

北海道網走郡美幌町東1条来た四丁目

0152-73-5008

http://www.fmc-tamura.co.jp/restaurant/main/index.html

こちらはサブサイトです。

本サイト「美味しく楽しく北海道Plus」はこちら。

http://www.sobatokatuobushi.com

|

生ビールと焼肉~サランバンさん

昨晩はお客様と、久しぶりに食事。

待ち合わせ時間ピッタリに合流し、さて何を食べようか相談です。

「ビールを飲みたい!」は、お互いに意見が一致!

焼き鳥でも食べようかとお店を物色しているうちに、「苫小牧錦町の母」お勧めの焼肉店に予定変更。

歩いてすぐのサランバンさんへお邪魔しました。

P7010004b

まずは早速、ビールで乾杯。

サッポロクラシックです。

中ジョッキ1杯¥380円。

P7010003b

カルビ、サガリ、ホルモン。

焼肉店にお邪魔すると、決まって注文するのが、この3品。

この後、牛タンをいただくのが、恒例のパターン。

P7010001b

味噌ホルモンも魅力的だったのですが、今回は塩ホルモン。

しっかり下味をつけてあり、別皿のタレは使わなくてもOKなほど。

カリカリにしっかり焼きます。

昨年12月に新規オープンしたお店で、店内はとてもキレイ。

はやくも常連客が多数つき、評判のお店。

笑顔でホールを、キビキビ動き回る奥さんが、とても印象的。

P7010005b

「よかったら、どうぞ~」

自家製キムチをサービスしていただきました。

辛さ控えめで、これなら私もモリモリいただけます^^

「またいらしてくださいね~」

最初から最後まで、ずっと笑顔の奥さん。

お肉はもちろんのこと、きっと常連さんは奥さんに会いに来てるのかな。

ご馳走さまです。

またお邪魔しますね^^

P7010006b

韓焼肉 サランバン

北海道苫小牧市表町2丁目3-3

0144-32-4976

営業時間 16:30~22:30

定休日 日曜日

こちらはサブサイトです。

本サイト「美味しく楽しく北海道Plus」はこちら。

http://www.sobatokatuobushi.com

|

人気の白樺ジンギスカン! ~ ジンギスカン白樺帯広本店さん

「どさんこ」は、みんな大好きジンギスカン!

天気の良い日は、野外で「ジュー ジュー」焼きながら、家族や仲間でジンギスカン!

Rps20110512_110942b

これこれ、この変わった形の鍋が、ジンギスカン専用の鍋。

最近では首都圏でもジンギスカン専門店がたくさんあるので、もうすっかり知られているのでは。

ラム肉から出た肉汁が鍋の溝を流れ落ち、低い外側の部分で野菜の味付けに役立ちます。

Rps20110512_110426b

さて天気が良い今日、野外ではありませんが、帯広にある人気のお店、ジンギスカン白樺帯広本店さんで食事です。

ジンギスカン白樺さんは、著名人も多く訪れ、店内にはサイン色紙や写真がズラリ。

帯広空港に着くなり、真っ直ぐここへやって来るお客さんも珍しくありません。

ジンギスカンとラム肩ロースを1人前づつと、ライスを注文して、私のお腹は丁度良い感じ。

ふ~ ご馳走さまでした^^

Rps20110512_110453b

○お品書き○

ジンギスカン 460円、ラム肩ロース 510円、ライス 170円、ライス小 130円、みそ汁 130円、キムチ 180円、ソフトドリンク 170円、生ビール 470円、瓶ビール 520円、ノンアルコールビール 350円、十勝ワインハーフ(赤・白) 860円、冷酒(300ml) 680円、氷彩サワー(レモン、グレープフルーツ、巨峰、うめ) 380円ほか。

Rps20110512_121157b

ジンギスカン白樺帯広本店

北海道帯広市清川町西2-126

0155-60-2058

営業時間 11:00~15:00(なくなり次第終了)

定休日 月曜日

http://www.hokkaido-shirakaba.com/

こちらはサブサイトです。

本サイト「美味しく楽しく北海道Plus」はこちら。

http://www.sobatokatuobushi.com

|

NHK朝の連続テレビ小説「てっぱん」最終回、観ましたか。

お好み焼き屋を舞台に繰り広げられる、NHK朝の連続テレビ小説「てっぱん」が、とうとう最終回を迎えましたね。

みなさん観ましたか?

Pic03_11b

最終回は、初回と同じトランペットを投げる? シーンも。

この半年間、本当に楽しませていただきました。

ありがとうございます。

110402_01b

東日本大震災で被災された皆様も、写真のように笑ってお好み焼きが食べられる日が、一日も早く来るようお祈りしております。

Pic26b

NHK朝の連続テレビ小説「てっぱん」公式ホームページはこちら。

http://www9.nhk.or.jp/teppan/

こちらはサブサイトです。

本サイト「美味しく楽しく北海道Plus」はこちら。

http://www.sobatokatuobushi.com

|

NHK朝の連続テレビ小説「てっぱん」、観てますか~^^

NHK朝の連続テレビ小説「てっぱん」、今朝の放送観ましたか?!

Pic231onomichi

安田成美さんが演じる、あかりの義理の母「真知子」が退院し、一息ついたかと思えば、今度は鰹節屋の若社長「一」と「滝沢」君の、あかりをめぐる恋のバトルが本格化!

いや~ いったいこの先、どうなるんでしょう!

一人の女性をめぐる男の争い。

夜のサスペンスのように、ドロドロしていないところが美しいですね~(笑)

個人的には、同じ鰹節屋として、浜勝の若社長 一(はじめ)を応援したいのですが、雰囲気的に無理っぽいですよね・・・

ガンバレ! はじめ!!

さ~ 来週月曜日の放送は、見逃せませんよ~~~

NHK朝の連続テレビ小説「てっぱん」の、公式ホームページはこちら。

http://www9.nhk.or.jp/teppan/index.html

こちらはサブサイトです。

本サイト「美味しく楽しく北海道plus」はこちら。

http://sobatokatuobushi.com

|

NHK連続テレビ小説「てっぱん」、てっぱんダンス踊りたい!?

NHK連続テレビ小説「てっぱん」。

みなさん今日の放送を観ましたか?

P1180076b

テレビの前に正座して、ドラマ鑑賞準備OK!

と、そこに・・・

「ルルルルルルル~~~」

携帯電話が鳴ります。

お得意様からの電話。

少々込み入った話を終えてテレビの前に戻ると・・・

なんと!

「放送終了」

・・・

参った~

長話しちゃった~

結局、てつ兄ぃは実家へ戻ったのだろうか?

気になる・・・(笑)

P1180078b

ところで、ドラマ「てっぱん」のオープニングでみなさんが踊る「てっぱんダンス」。

なんか楽しそうじゃありませんか!

踊ってみたくありません?

P1170072b

てっぱんの公式ホームページを観てみると、なんと!

「てっぱんダンス」の教則映像公開中!

そして、上手に踊れるようになったら、撮影して応募しよう!

ですって^^

どなたか一緒に踊ってみませんか(照)

詳しくはこちら。

http://www9.nhk.or.jp/teppan/dance/index.html

P1180079b

こちらはサブサイトです。

本サイト「美味しく楽しく北海道plus」はこちら。

http://sobatokatuobushi.com

|